家造りの流れ

出会いの始まりです

和-nagomi-の家造りを知ってほしいところからはじまります。
イベントを通じて、和-nagomi-の家造り、和-nagomi-のスタッフの想いを感じてください。

構造見学会

構造見学会

和-nagomi-では、建築途中の家を見ていただいています。下地材が張られて見えなくなってしまう、家の骨組みとなる構造(十津川産材の柱や梁など)、断熱材、金物などを見ることができます。和-nagomi-の家が、どのように建てられているのかがわかります。

構造見学会

完成見学会

和-nagomi-には、モデルハウスがありません。モデルハウスでは、なかなか暮らしを感じてもらえないからです。実際お住まいになる、完成した家を見ていただきます。そこには、お施主様の想いがあります。その想いを感じていただきたいのです。そして、どのような暮らしがしたいか、どのような家に暮らしたいかを考えてください。

構造見学会

『暮らす家』見学会

和-nagomi-では、お住まいになっていらっしゃる家を見ていただいています。本当に暮らしてみて感じる良さ、家造りの体験談をお施主様から聞く事ができます。そして、無垢材の時間を重ねた風合いの変化を感じてほしいのです。

構造見学会

なごみサロンや和-nagomi-歩こう

和-nagomi-では、なごみサロンや和-nagomi-歩こう会などのイベントを開催しています。楽しいひとときを通じて、和-naogmi-のスタッフの人柄を感じてください。

では、楽しい家つくりの第一歩をはじめましょう。

■家造りの基本は敷地から

近隣の状況、太陽の動き、風の流れ、風土、気候など敷地の状況を知ることは、家造りにとって大事な一歩です。家を建てる予定地の状況を確認し、法律的な要件を調べます。
家を建てる予定地が決まってない方は、いっしょに土地を探しましょう。経験豊かなスタッフがお手伝いさせていただきます。

■想いを形に・・・

どんな暮らしがしたいか、どんな時間を過ごしたいか、何を大切に思っているか、何が好きか、「家造り」に対する想い、そしてご予算をお聞かせください。いっしょに家のコンセプトを決めましょう。
その想いをもとに、プランを作成し形にしていきます。

■資金計画

プランをもとに、お見積書を作成し、家造りに必要な総予算を確認します
新しい生活の為に必要な経費は、家造りの予算だけではありません。将来にわたって無理なく安全な資金計画になっているか、プロの目で確認させていただきます。

■想いを結ぶ

想いを形にする為に、請負契約を結びます。

いよいよ本格的な家造りのスタートです

■解体工事・整地

解体工事・整地

古家がある場合は、解体工事をして、整地します。解体工事の前には、ご迷惑をおかけする為、近隣のお宅に工事着工のご挨拶に伺います。

■地盤調査

地盤調査

地盤調査を行います。その結果、地盤が軟弱なことがわかれば、地盤改良が必要になります。地盤改良は、地盤解析の結果により、地盤が住宅の荷重に耐えられるように、柱状改良や表層改良等を行います。
調査結果により、不動沈下しない地盤だという結果が出た場合、軟弱地盤だという結果がでて、地盤改良を行った場合、基礎着工日に始まり、引き渡し日から10年間、不同沈下しない地盤の保障をします。この保証は、もし不動沈下などが発生した場合に、5,000万円を上限に補修工事を行ってくれるというものです。

■地鎮祭

地鎮祭

家を建てる前に、ご家族の安泰・工事の安全を祈願する地鎮祭を行います。地鎮祭は必ずしも行う必要はありません。また、この時、敷地に地縄を張り、お住まいの配置を確認して頂きます。

■基礎工事

いよいよ着工です。基礎工事(べた基礎)をおこないます。建物の土台となる大切な部分の工事です。
基礎工事の過程で防蟻処理(土壌処理)を行います。棟上げ後、木部への防蟻処理を行い、5年間、最高300万円の保証をしています。

基礎工事

また、配筋工事後には、配筋検査を行います。正しく鉄筋が配置されているか、かぶり厚(鉄筋にかぶるコンクリートの厚み)が適切か等を、住宅瑕疵担保責任保険法人「ハウスジーメン」の検査員が検査を行います。強度や耐久性にかかわる重要な検査のひとつです。

基礎工事 
基礎工事

■上棟

着工から1ヶ月程で、上棟です。家の骨組みを組み立てていきます。前日に宵組工事を行う場合もありますが、(土台、1階床を組みます)一日で家の骨格が完成していきますので、とても感動的です。お施主様によってはご自分で棟木を叩き入れる方もいらっしゃいます。
骨組みができあがった後、上棟式をします。上棟式は必ずしも行う必要はありません。上棟式とは、建物の守護神と匠の神を祀って、棟上げまで工事が終了したことに感謝し、無事、建物が完成することを祈願する儀式です。

上棟

■気密測定

完成

断熱工事の完了後、気密測定を行います。
長期優良住宅では、気密測定は義務付けされていませんが、和-naogmi-では、気密測定を行っています。断熱材の性能が良くて、Q値が良いといっても、計算上の数値でしかありません。施工が悪くては、気密が悪くなり、断熱性能が発揮されません。和-nagomi-では、気密測定にて、C値1.0未満を標準としています。

■完成

建築主事又は指定確認検査機関による、建築基準法に基づく構造になっているか、金物が適切に取り付けられているか等を検査する「中間検査」、建築確認の申請書及び添付図書に基づき施工が行われたかどうかを検査する「完了検査」をへて、お客様の想いがつまったお住まいが完成です。

■お引渡し

お住まいの設備等のお取り扱い説明を経て、新しいお住いをお客様にお引き渡しいたします。
お引き渡し時には、住宅履歴情報蓄積システム『いえかるて』に入ります。住宅図書の保管、定期点検や維持管理の案内、住宅相談等まるごとサポートしますので、安心です。また、住宅瑕疵担保履行法に基づく10年間の瑕疵担保責任保険に加入しています。

お引き渡しは、お客様と和のお付き合いのスタートだと、わたくし共は考えております。
お引き渡し後もずっとくらしの安心を見守らせて頂きます。

お問合せはこちら