自然と上手に付き合う

最近「パッシブハウス」という言葉を耳にする方も増えていると思います。
「パッシブハウス」とは、ドイツや北欧で実用化されている高性能な省エネルギーの建物です。日本では「無暖房住宅」とも言われています。
太陽の熱や風の流れをうまく利用し自然と上手に付き合うことが大事になってきます。

太陽の動きは、夏と冬では違います。夏の暑い日差しはカットし、冬の暖かい日差しは取り入れる必要があります。
その為に、軒・庇の活用が有意義です。昔の家は軒の出が大きくとても効果がありました。近年モダンな家が増えた事もあり、軒をあまり出さない家がありますが、できるだけ大きくとりたいと思っています。モダンな外観にする場合は、窓面を外壁面よりさげる等の工夫をします。
また、西日などのように低い角度からの日差しを遮る為に、木やツル状の草花を植えることも有意義です。

日本の夏は、地球温暖化やヒートアイランド現象により、年々暑さを増しているように思います。
かつて、「住まいは夏を旨とすべし」といわれたような、通風で涼をとる暮らしが改めて見直されています。風は肌で感じられる身近な自然です。地形や立地を生かして風を呼び込み、風の道をつくることが大切です。
風向きに合わせて、風上に風の入口となる窓を風下に風の出口となる窓をつくります。1階から取り込み、階段部分や吹き抜けを通して2階に逃がすことが効果的です
できるだけ間仕切りや建具のすくない間取りにすること、建具には風を通しやすい引き戸を使うことも良いと思います。

自然と上手に付き合う

お問合せはこちら