換気・地中熱利用のこと

換気・地中熱利用のこと

24時間換気設備の導入は、建築基準法の改正によって、2003年7月1日より施行が開始され、一般戸建て住宅などへも設置義務化が定められました。
24時間換気システムには、3種類の換気方式があります。

第1種換気方式

吸気、排気共に機械的に強制に換気を行うシステム
空気の流れを制御しやすく、24時間換気システムにおいては、最も確実な吸気・排気システムです。

第2種換気方式

吸気に関してのみ機械による強制換気を行い、排気に関しては自然換気を行うシステム
強制換気によって吸気を行うと、室内の空気は気圧が高まることによって外部へ自然に流れるように働く。
建物の気密度によっては、室内の湿気が外へしっかいり排気されず、建築物内の壁などへ侵入する恐れがあり、
内部結露が発生する危険性をもっている点に注意が必要です。

第3種換気方式

排気に関してのみ機械による強制換気を行い、吸気に関しては自然換気を行うシステム
排気を強制的に行うことから、内部結露の発生の危険性を食い止める事が可能。
しかし、吸気に関しては自然換気方式を取り入れておることから各居室にそれぞれ吸気口を設置する必要がある。

和-nagomi-では、第1種換気システムである『澄家Eco』換気システム+地中熱 を採用しています

換気・地中熱利用のこと

換気・地中熱利用のこと

換気・地中熱利用のこと

お問合せはこちら