材料の事

材料の事

人にやさしく、健康で長持ちし、時を経る程に味わいを増す材料を・・・

無垢の木

無垢の木

奈良県地域認証材のあかし
奈良県地域認証材のあかし

無垢材とは、一本の原木から角材や板を直接必要な寸法に切り出したものの事です。木本来の質感、風合いという面で魅力があり、化学物質を含まない自然素材としても注目されています。
和-nagomi-では、十津川産の無垢材をいろいろな所で使用しています。
家の骨組みとなる、柱・梁・土台等、仕上げとなる床材や腰壁材、カウンターや軒天材等木で出来る所は、ほとんど十津川村で育った木を使用しています。
そして無垢材は、一番の特長として調湿作用があり、湿気の多い日は水分を吸収し、乾燥している日は水分を放出して湿度を一定に保とうとするため、『縮む』『膨らむ』という性質があります。

十津川産杉無垢材を張った床
十津川産杉無垢材を張った床

また、コンクリートの約2倍とも言われる優れた断熱性があり、周囲の温度に影響されにくいため夏は涼しく、冬は暖かい環境を生み出します。抗菌性や消臭効果もある、とても人にやさしい材料です。
しかし、無垢材は反りやすく、傷がつきやすいという難点もあります。
無垢材の特性をいかし、適材適所な使い方をしたいと思っています。

漆喰

漆喰

奈良県地域認証材のあかし
塗り壁に手形をつけました

漆喰は、カルシウムなどの消石灰を主成分としており、主原料の消石灰は、石灰石を焼いたできた生石灰に水分を加え、消化(水和反応)させたもので、水練りして塗ると、空気中の二酸化炭素と反応して、石灰石の成分に戻り硬化します。
そのため硬く、耐水性に優れています。
防火性が高いのも特徴です。
また、漆喰は湿気を吸集し調節するので、カビの発生を防止するという性質があります。
四季ごとに温度や気候が変化する日本にふさわしい材料なのです。
漆喰は、無機質な為、静電気を発生しないため、時間が経過しても、ほとんどホコリが溜まらないのが特徴です。
家具などの裏壁も、ホコリが集まってきませんので家の中はいつも清潔です。
多孔質素材の漆喰はシックハウスの原因といわれるホルムアルデヒドやVOC揮発性有機化合物(トルエン、キシレン等)を吸着します。
和-nagomi-では、スイス漆喰『カルクウォール』やスペイン漆喰『エスタコウォール』をよく使います。日本ではその「消石灰」に海苔糊やスサ等を混ぜたものが漆喰といわれています。
ヨーロッパ漆喰も日本の漆喰同様「石灰石」が主原料。ヨーロッパの大地で採掘された石灰石を高温で焼いて出来た消石灰に石灰質骨材、無機質の色素等を加えて製造し、ヨーロッパで古くから今日まで広く使われてきた歴史ある伝統の西洋漆喰です。

紙クロス

漆喰

近年、多く使われてきた、ビニールクロスは通気を遮断し、湿気も吸わないので、結露やカビが発生しやすく、静電気を生じやすいので、ホコリが付着しやすいという難点がありました、紙クロスは空気を通し、調湿性があり、静電気も発生しません。

■オガファーザークロス

オガファーザークロス

ヨーロッパではポピュラーな再生紙とウッドチップでできた壁紙です。紙と木でできているので、呼吸し、湿気がこもらずカビなどの原因である結露を防ぎます。また、汚れたら水性塗料「デュブロン(No.400)」(リボス社製)で何度も塗り替えできるので、貼り替えのコストを省くことができる、ゴミの出ないエコロジーな壁紙です。

■和紙クロス

和紙クロス

和紙は植物の勒皮繊維(表皮のすぐ内側にある柔らかい内皮)を主原料とします。
昔からの代表的なものは楮、三椏、雁皮。 最近ではケナフも使用されています。無作為に並んだ繊維が光を乱反射させるので照明の灯りや日光もとても柔らかく感じます。光と同様、音も分散・乱反射しますので、耳障りが柔らかくなるだけでなく、部屋から洩れる音も軽減できます。

自然塗料

自然塗料

和-nagomi-では、化学物質を使わず、自然の原料で作った人間に優しい自然塗料を使っています。
しかし、現実には自然塗料と呼ばれているものであっても、一部の製品には化学物質を含んでいるものもあります。
また、化学物質は含んでいなくても、人によってはアレルギー反応を起こす物質が入っている場合もあります。
どの、自然塗料を使うか、お施主様によって変えることが必要です。

自然塗料

自然塗料というとドイツのものが多いです。現在ドイツには、自然塗料のメーカーが30社以上もあり、「アウロ」「リボス」「オスモ」「ビオファ」などよく聞く名前のほとんどがドイツのメーカーです。
しかし、自然塗料はドイツばかりではなく、日本にもあります。
日本では古くから、家具の塗装に蜜蝋、桐油、荏油などが使われてきました。
また、日本独自の自然塗料ともいえる、漆は家具や食器などに使われているのはご存知かと思います。

自然塗料

他にも時代劇などで見かける、番傘には柿渋を塗って防水効果を得ていました。
また、米糠(ぬか)を木綿に包んだもので、柱や家具を磨いて艶出しを行なっていました。これもりっぱな自然塗料なのです。このように考えると、自然塗料というのは目新しいものではなく、古くから使われていたものなのです。

お問合せはこちら